スポンサーリンク

【動画編集】【Adobe】Premiere Proについて

Adobe Premiere Pro アイキャッチ 動画編集
あんず
あんず

初心者、動画編集で副業やりたい、あんずです。試行錯誤しながら、動画編集の副業記録として、残していきたいと思っています。一緒に学んで行っていただければと思います。よろしくお願いします。

動画編集は、無料のアプリでもできますが、色々と調べた結果、副業としてお仕事をもらう上では、やはりAdobeのPremiere Proでないと貰えないようです。Premiere Proで動画編集してくださいと言われることも多いようで、動画編集を頼む側としても、やはりより良い高品質なアプリで作成して欲しいものですよね。

ということで、Premiere Proについて調べてみました。

Premiere Proとは?

Premiere Proは、Adobeが提供する月額のサブスクの動画編集アプリでAdobe Creative Cloudの一つです。プロも使用していて、様々な高度な技術が使用できます。

画像のカット、複数の画像を組み合わせたり、BGM・効果音を入れる、テロップを入れるなどの画像編集の一通りの操作ができます。

Adobe Creative Cloudとは?

Adobeが提供するアプリはPremiere Proのみではなく、以下のものがあります。これらのアプリをまとめて、Adobe Creative Cloudという言います。

Adobe Creative Cloud

  • Photo shop →画像の加工に使用。(Youtubeのサムネの作成にも)
  • Illustrator →イラストを描いたり資料を作成できる。(Youtubeのサムネの作成にも)
  • InDesign
  • Premiere Pro →これが動画編集アプリですね!★
  • XD
  • Acrobat DC
あんず
あんず

私は、動画編集以外にも、Photo shopやIllustratorにも興味があったので、3つ使用したいと思っています!

Premiere Proの使用の料金は?

料金についてです。Adobe Premiere Proは月額制のサービスであり、月額は以下の通りです。

高いので、まずは自分のパソコン環境などで、使用できるのか無料の7日間お試しを活用した方が良いと思います!

AdobeのPremiere Proを使用するには、Premiere Pro単位で契約するか or その他のサービス(IllustratorやPhotoshopなど)も合わせて使えるようにするか、選ぶことができます。

Creative Cloudプラン> ※2021年7/12現在
・Premiere Proのみ:月額2,728 円(税込)(個人)
・Adobe (Creative Cloudコンプリートプラン):月額6,248 円(税込)(個人)

あんず
あんず

ちなみにIllustreatorなども単独で、2,728円かかるようです。
なので、3つ以上のサービスを使うのであれば、全部使えるプランが良いようです。

でも結構高いですね… 

お得に使える方法も見つけたので、また別記事で紹介いたします♪

Premiere Proのパソコンの使用環境は?

以下のページから確認できるようです。更新されることも多いかと思いますので、最新版をご確認ください。

↓Adobeのホームページよりご確認ください。
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/system-requirements.html?promoid=91BF4XW1&mv=other

あんず
あんず

動画はデータの容量が大きいので、パソコンの容量も大きい方が良いようです。自分のパソコンのスペックをご確認くださいね。

まとめ

動画編集ができるアプリは無料でもたくさん出ていますが、副業で使用するのであれば、Adobe Premiere Proが一番使用されているようです。

費用はかかりますが、副業でやっていくのであれば、Adobeのものを使用する方が良いと思いました。

この記事でPremiere Proの概要を掴んでいただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

動画編集
スポンサーリンク
シェアする
あんずをフォローする
スポンサーリンク
あんずのブログ
タイトルとURLをコピーしました